作業服は素材も重要

最近はオシャレな作業服が多いので、デザイン重視で作業服を選ぶという方も多いと思います。デザインというのは大切ですし、オシャレな格好をして仕事をすればやる気も出るでしょう。しかし、作業服を選ぶ際にはデザイン、機能性以外に素材も大切であるということを頭に入れておいてください。

作業服のほとんどは綿とポリエステルによって作られています。天然繊維の綿と合成繊維のポリエステルが混ざっているわけです。ですから、この2つの素材の特徴を知ることで、作業服選びにも役立つはずです。

まず綿の良いところは肌触りが良い、通気性が良い、吸水性が良い、火が燃えうつりにくいなどです。一方、ポリエステルの良いところは耐久性がある、発色が良い、色落ちしにくいなどがあげられます。しかし、綿は色落ちしやすい、耐久性が少し弱い、ポリエステルは通気性があまり良くない、火が燃え移りやすいといったようなデメリットもあります。

そのため、綿とポリエステルを混ぜることで、お互いの良いところをバランスよく取り入れているわけです。ただ、作業服の中に着るインナーやシャツなどは綿100%だったりしますので、夏や冬など状況によって自分自身で素材を変えて着ると良いと思います。そうすることで夏場は暑さを冬場は寒さを凌ぐことが出来るようになりますよ。

トップページ